プラスになりやすいオプションとマイナスになりやすいオプションとは

中古車を売却する際は車のオプションも査定額に大きな影響を与えます。ただし全てのものが査定にプラスに働くわけではありません。パーツによっては査定にマイナスに働いてしまうので注意が必要です。
査定においてマイナス評価になるのは、改造車やドレスアップされた車です。カスタムカーが好きな人は多いのですが、いくら高価なエアロパーツなどでも、売却する際の査定にはマイナスになってしまうのです。そのような車をできるだけ高く売却したいのであれば、一般的な中古車買い取り業者ではなく、改造車やドレスアップカーを専門に扱う業者に相談するほうが適切です。
反対に査定にプラスに働くのは純正のパーツです。カーステレオやカーナビなど社外品のパーツを取り付けている場合は、売却時に純正品に付け替えておくと査定にはプラスに働きます。また社外品を取り付けているままでも、純正品があるのであれば、その旨を申告すれば査定には良い影響を与えます。ただしいくら純正のパーツでも、故障している場合や取扱説明書などの付属品が無い場合はマイナスになります。
これらの他にもETC車載機やリモコンエンジンスターター、スタッドレスタイヤなどは高評価の対象になりますので、手放してもいいものであれば一緒に査定してもらいましょう。

コメントは受け付けていません。