モデルチェンジと査定額の影響

今乗っている車を査定に出すとします。査定額に影響を及ぼすものにはどのようなものがあるでしょうか。年式。走行距離。内装をきれいにしているか。修理履歴をきちんととっているか。これらの項目は、査定額に影響を及ぼすものであり、オーナーの方の努力次第では、高い査定を受けることも可能です。しかし、それとは別に査定額に影響を及ぼすものがあります。それは、今乗っている車の先代や次代と比べての評価です。
定期的にモデルチェンジを繰り返す車種では、歴代の中でも人気が集中するモデルがあったりします。また、外見や大きさだけではなく、機能面や燃費面においても、そのシリーズの中でも大きく進化しているものもあり、同じシリーズ・モデルの車であっても、マイナーチェンジ後の方が人気がある車もあります。
それなら、現行車種に乗っていれば、機能も充実しているはずなので、査定額への影響は少ないのでしょうか?実は、そうとも言えないところがあります。先に述べたようにモデルが変われば、外見・スタイルも多少なりとも変わりますので、『あの車、前のモデルの方がかっこよかったな』という状況が発生すれば、前のモデルに人気が集中することとなり、査定額にも影響が出ることがあります。
簡単に言ってしまえば、その車の市場での人気度によって査定にも影響がでることがあります。覚えておいて損はないと思いますよ。

コメントは受け付けていません。