‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

外装のチェックポイント

2014/09/25

自動車を売却しようとする際には査定を受けなければなりません。査定というのはその自動車の価値を確認し、見積もりを取るために行われるものです。この時に重要になるチェックポイントとしては外装の状態というものがあります。中古車とは言っても日本人に需要のある中古車というのは新車同様の状態の中古車であるという特徴があります。そのため傷の存在というのは大きなマイナスポイントになるのが一般的な評価です。
なお、このマイナスポイントというのは修理をしても無くなるとは限りません。事故の履歴とするかどうかは中古車業者の考え方次第ですが、修理の履歴があるということを隠さない売り方が最近の主流です。取引には信用が最も大切ですのでプロの目で見てわかる修理があるのであれば、そこは事故歴として加算することになるでしょう。そのようなことになれば外観はきれいだとしても一段安い値段での取引となります。
一般的にはこの様なチェックが行われます。修理が必要な個所が残っていれば、査定額から修理代が差し引かれた金額が査定額となるでしょう。また、修理してあったとしても修理したという履歴に応じた評価となります。プロが見ればわかると考え、ウソはつかない方が賢明です。

内装のチェックポイント

2014/09/25

車を買い取ってもらうなら、出来るだけ高く買い取ってもらいたいのが正直なところです。高く買い取ってもらうためには人気の車種や車体カラーでも変わってきますが、内装も重要なポイントになります。減点されやすいのは、臭いです。タバコやペットの臭いなど、乗っている本人は気にならないかもしれませんが、第三者からでは不快な場合があります。査定金額にも大きく影響しますし、染み付いた臭いはなかなか取れません。対処法としては、こまめな清掃と換気が必要です。定期的に消臭剤などを使用してみるのも良いでしょう。次に、シートも重要なチェックポイントになります。クッションがヘタっていないか破れていないか、汚れやシミの有無をチェックされます。フロアマットの汚れが気になる場合は、洗濯洗剤でつけおきしてみましょう。汚れも臭いもとることが出来ます。他にも、電装系のトラブルはないか確認してみましょう。パワーウィンドウやミラーはちゃんと動くかをチェックされます。意外と見落としがちなフロントガラスにキズの有無です。放置していると、ひび割れがひどくなる場合もあります。リペアなどで修復する必要があります。日頃からキレイに乗ることを心掛けておくと良いでしょう。

キズやヘコミが査定におよぼす影響

2014/09/25

車買取会社は、オーナーが手放す自動車を買い取って、その車を買取金額以上の金額で中古車屋に売却することで、その差益により利益を出しています。したがって内外装がボロボロの車はそのまま中古車として並べても、誰も欲しいと思わないわけで、綺麗に板金修理をしてから中古車として並べることになります。
ということは、買取金額は板金修理をすることを前提として、その分は査定額が下がるのが当たり前です。
しかし、だからといって査定を受ける前に板金修理をしたとしても、例えば10万円を払って板金修理をしても、買取査定額が10万円以上上がるかというと、決してそうではありません、逆にせいぜい数万円しか上がらない場合が多く、結局査定前に板金修理した分だけ損をするというのが実情です。
したがって買取査定を受ける際には、外装に問題があっても原則としてそのままで査定を受けたほうが結果的に査定額は高くなるということになります。
またボディーのキズやヘコミは、基本的にA4サイズのノートに収まる程度の物であれば、査定額が大きく下がることはないので、えくぼ程度であればそのまま査定を受けましょう。A4サイズより大きな場合でも、自分で板金修理するよりも買取業者が買取ってから板金修理する方が安く修理できるので、査定前に修理する必要はありません。
外装が傷んでいても、そこは構わずに、とにかく綺麗に洗車してワックスをかけ、室内やエンジンルームも綺麗にしてから査定を受けましょうね。

オンライン査定とは

2014/09/25

車を売る方法には様々なものがありますが、その中でも簡単に利用できるのがオンライン査定となります。インターネットを利用して査定額を出すことができるため、自宅にいながらでも申し込めるメリットがあります。一括査定と呼ばれていますが、同時に複数の業者から査定を手にすることが可能ですから、経済的な比較が簡単にできることもメリットと言えます。車査定では年式や走行距離に応じてマイナス査定やプラス査定が行われますが、オプション装備に関しても評価の対象となります。オプションパーツにはマイナス査定になるものとプラス査定になるものがある程度決まっていますが、後から簡単に取り付けできるパーツは評価の対象にはならないのが普通です。工場で組み付けられるサンルーフやスライドドアと言ったオプションはプラス査定になりやすいと言えます。一方でエアロパーツなどのカスタムパーツはマイナス査定になりやすい傾向があるため、査定時には取り外すことも必要です。特にボディに穴あけ加工をしたものに関しては、ボディの評価でマイナス査定が確実に出てしまうため、カスタマイズを行う際には注意が必要なのです。車査定では基本的な方向性が決まっていますが、実車を見て判断するのが基本となります。

モデルチェンジと査定額の影響

2014/09/25

今乗っている車を査定に出すとします。査定額に影響を及ぼすものにはどのようなものがあるでしょうか。年式。走行距離。内装をきれいにしているか。修理履歴をきちんととっているか。これらの項目は、査定額に影響を及ぼすものであり、オーナーの方の努力次第では、高い査定を受けることも可能です。しかし、それとは別に査定額に影響を及ぼすものがあります。それは、今乗っている車の先代や次代と比べての評価です。
定期的にモデルチェンジを繰り返す車種では、歴代の中でも人気が集中するモデルがあったりします。また、外見や大きさだけではなく、機能面や燃費面においても、そのシリーズの中でも大きく進化しているものもあり、同じシリーズ・モデルの車であっても、マイナーチェンジ後の方が人気がある車もあります。
それなら、現行車種に乗っていれば、機能も充実しているはずなので、査定額への影響は少ないのでしょうか?実は、そうとも言えないところがあります。先に述べたようにモデルが変われば、外見・スタイルも多少なりとも変わりますので、『あの車、前のモデルの方がかっこよかったな』という状況が発生すれば、前のモデルに人気が集中することとなり、査定額にも影響が出ることがあります。
簡単に言ってしまえば、その車の市場での人気度によって査定にも影響がでることがあります。覚えておいて損はないと思いますよ。

プラスになりやすいオプションとマイナスになりやすいオプションとは

2014/09/25

中古車を売却する際は車のオプションも査定額に大きな影響を与えます。ただし全てのものが査定にプラスに働くわけではありません。パーツによっては査定にマイナスに働いてしまうので注意が必要です。
査定においてマイナス評価になるのは、改造車やドレスアップされた車です。カスタムカーが好きな人は多いのですが、いくら高価なエアロパーツなどでも、売却する際の査定にはマイナスになってしまうのです。そのような車をできるだけ高く売却したいのであれば、一般的な中古車買い取り業者ではなく、改造車やドレスアップカーを専門に扱う業者に相談するほうが適切です。
反対に査定にプラスに働くのは純正のパーツです。カーステレオやカーナビなど社外品のパーツを取り付けている場合は、売却時に純正品に付け替えておくと査定にはプラスに働きます。また社外品を取り付けているままでも、純正品があるのであれば、その旨を申告すれば査定には良い影響を与えます。ただしいくら純正のパーツでも、故障している場合や取扱説明書などの付属品が無い場合はマイナスになります。
これらの他にもETC車載機やリモコンエンジンスターター、スタッドレスタイヤなどは高評価の対象になりますので、手放してもいいものであれば一緒に査定してもらいましょう。

事故車の定義とは

2014/09/25

中古車の査定が行われる時に耳にする事故車という言葉について、それには定義がありかならずしも交通事故を起こした車両であるとは限りません。世間一般的には交通事故で損傷を受けた車すべてを差して言われますが、中古車査定士が査定の中で使用している中古自動車査定基準には、交通事故やその他の災害によって自動車の骨格などに欠損を生じたものや修復歴のあるものとみなされています。
こうした状況の車においては中古車としての商品価値の下落が見込まれることで査定の際のチェックポイントに影響が生じます。日査協、公取協、中販連などの統一基準として定義された九箇所を修復・あるいは交換した車は修復暦車と呼ばれ交通事故を起こしていない場合でも、これらの部位を修復した場合は修復車両とみなされます。これとは別にフレーム・クロスメンバー・インサイドパネル・ピラー・ダッシュパネル・ルーフパネル・フロア・トランクフロア・ラジエータコアサポートなどの部分に損傷や修復が行われた車両は事故扱いとなります。たとえば背後からの追突事故を負った時にフレームが歪んでしまうと査定の時に事故扱いとみなされますが、バンパーが凹んだという程度の場合は事故の扱いとみなされません。

季節と売却のタイミングについて

2014/09/25

自動車は高価なものだけにできるだけ高く売りたいものですが、そのためにはタイミングも重要になってきます。
売りどきを逃したおかげで、買取金額が大きく変わってしまうこともあるだけに、どのような時期に車を売るのがいいのか予め考えておく必要があります。
金額が大きいだけに、買取金額が変わるとその影響も大きくなってしまうだけに、売りどきは逃さないようにしましょう。

まず、乗っている車種によっても売りどきというのは変わってきますが、例えば4WDの車に乗っている場合活躍するのはやはり冬の時期になります。
そのため、冬の時期が近づくに連れこのような車の需要が高くなるので、売却するのであれば冬の終わった春先に売るよりも、秋口に売ったほうが価格交渉をする面でも有利になるのです。

次にSUVのように夏場のアウトドアなどのレジャーシーンで活躍する車というのは夏場が近づくに連れ需要が高まるので、売却をするのなら夏の終わった秋や冬に売るよりも、春先に売ったほうが高く買取りしてもらう事ができる可能性が高くなります。

しかし、このような時期を逃してしまった時に次のシーズンまで売却を待つと、その分自動車の年式が古くなってしまうので、それだけ査定が安くなってしまうこともあるので、その際にはあまり時期を考えずに早めに売ってしまったほうが良いでしょう。

車査定の外装とチェックポイント

2014/09/25

自分の車を手放すときには、思い入れがある車であればなおさら良い形で引き取ってもらいたいものです。かわいがって使っていて愛着があり、きれいに乗っていればこそ、高く買い取ってもらえる可能性も出てきます。
よく下取りに出す方法をとる人もいるのですが、これでは価格が合ってないようなものというか、次の車の値引きとお線引きがあいまいになってしまい、ごまかされてしまうこともあるのです。そうなると、やはり車の買取専門業者に査定をしてもらうといいでしょう。
たいてい、車にはその時の相場があります。全国の需要などを考えながら、決められるので、ネットで事前に調べるとよいでしょう。
一括査定などで概算が出たりもするのですが、実際の現物を見ないことには、詳細の価格はわかりません。ですから、一括査定で価格が高めに提示された業者に現物を見てもらい、価格を出してもらうとよいでしょう。その時のチェックポイントとしては、傷やへこみの度合い、そして事故車であるのかどうなのか、修復歴などについても見ていきます。プロの目はごまかすことができません。斜めからボディを見ることで、直した箇所などもわかったりするのです。そして、整備履歴なども確認していきます。
綺麗な外装では、当然価格がアップする可能性もありますので、洗車をしておくのもいいでしょう。